好きか嫌いか言う時間のセクシュアルマイノリティ編/感想

この記事は約 4 分で読めます。

11/7にTBSの「好きか嫌いか言う時間」で、セクシュアルマイノリティの方が出演される番組が放送されました。

LGBTかな..と思った割には、LGBだけだったらしいですよ?

(番組にTは断られたらしい)

アセクシャルはというと、「(恋愛感情がなく)動物とか建物しか好きになれない。」っていうくだりで、来るかな? と思いましたが、残念ながら単語までは出てきませんでした。。

ゾウを根本的に愛している女性の方が出演なさっていましたが、人の恋愛より、動物愛の方が勝っているというのは、あのような方を指すのかもしれません。

ツイートのお気に入りより、厳選してここで紹介させてください。

まず、これはだいぶ違います。

クエスチョニングはセクシュアルを迷っている人のことを指していて、Xジェンダーは、○×の×の意味の性、数学の変数xとしての性を意味するのです。

自分がアセクシャルなので、何度も書いていますが、男性にも女性にも友達感覚でしか話せなくて、それ以上の身体の反応がないのです。

医学的にどうこうできる問題ではないので、子孫を残せと言われても結構無理があるのです。

あと、たとえ養子に迎え入れたいとしても、日本では未成年の子を養子とするには、養親が夫婦の場合は、夫婦が共同して書類を提出しなければならないのが原則なのです。

セクシュアルマイノリティの方ですと、夫婦になるまでのハードルが高いか不可能であったりするので、アメリカではもう少し規制がゆるくなっているというお話があって、興味深かったです。

そして、TBSがセクシュアルマイノリティ特集第2弾をやるかもということで、エキストラを募集しているらしいのですが。。

残念ながら、性別欄が「男」「女」の2択だったという..

まぁ、世間はこんなものなのでしょう。

〔追記〕

上記の応募サイトの性別欄が下記のように変わっていました。

img_5129
img_5129

こんな感じにテキストボックスでフリー形式になっていました。

視聴者から指摘があったのか、社内で改善するように言われたのかは不明ですが。。

LGB以外の人が出演できるように切に願いたいものですね。

↓もしよろしければアンケートにご協力をお願いします

↑下記内容のオフ会です。ご興味のある方は是非どうぞ。 ■アンケートにご協力をお願いします。 実現可能性はひとまず置い...