知ってました?ハードディスクの暖機運転。

最近、朝晩冷えるようになってきました。

自分は布団2枚+毛布とコタツとハロゲンヒーターはもう出していて、あとは布団の中に入れる電気アンカのみとなりました。

それだけ冷え性なんです..

■ハードディスクは、冷たい時に稼動させると動作が遅い

もしかしたら気づいている方もいらっしゃるかもしれませんが、ハードディスクはある程度温まっていないと、本領発揮してくれずに、痛める事になってしまうんです。

ちょうど、車の運転の水温計の緑表示のランプが消えるまでは、余計なアクセルのふかしをやめるのと同じようなことです。

ハードディスクの温度をどうやって調べるのかというと、下記のフリーソフトで簡単に調べることができます。

インストールして、自分のパソコンで立ち上げた結果がこちらです。

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%81%ae%e6%b8%a9%e5%ba%a6%e8%aa%bf%e6%9f%bb
%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%81%ae%e6%b8%a9%e5%ba%a6%e8%aa%bf%e6%9f%bb

右側、アイコンの下から3つ目、HDDの欄に、搭載されているハードディスクの容量や名前などが書いてあります。そして一番右側に温度が出ています。

冬の朝一にパソコンを立ち上げると、この地方では大体10℃前後の室温になり、ハードディスクも同じように10℃前後になります。この状態では大変動きか悪いのです。ハードディスクのアクセスの当たり所が悪くて、本当に物理的にデータが飛んでしまったことがあります。

では、どうすればいいのかというと、簡単です。

起動してから、しばらく放置すればいいのです。

少なくとも、この温度を調べるフリーソフトは立ち上げなくてはいけませんが、30分もすれば、20℃近くになってくるので、そうなったら、そろそろ作業に入ろうかな..というぐらいでよいと思います。

■会社での、就業するための準備時間

普通に会社で勤務する際、デスクワークの場合はパソコン必須ですよね。

自分が会社員だった頃も、パソコンは当たり前にあるところでした。まぁ、そういう職種を選んだっていうのもありますが。。

でも、なんでみなさん就業10分前に来て、ばたばた準備して、すっと朝礼やらに入っていけるのだろう..って不思議で仕方がなかったのです。

自分は、大きな会社の中で下請け会社として働く身だったので、鍵を頂くってことはなかったのですよね。だから、朝一番に大きな会社の社員さんが鍵を開けて、やっと入れる状態でした。

それが15分前であっても、準備の時間としては短いけれど、耐えるしかないよな..というところだったので。それだけ自分の身体が遅いってことなんでしょうが。。

パソコンの暖機運転は必要ですが、同じように、人間の就業までの準備時間として、暖機運転をもう少し必要な気がしました。

Monacoinを投げる
Monacoinを投げる

モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?