自己紹介

自己紹介ページの閲覧、ありがとうございます。

あおいと申します。

■アセクシャルを自認しています。

自分はセクシュアルマイノリティの中のアセクシュアルという分類を自認しております。

アセクシャルとはなんぞやという話になりますが、簡単に言うと、男女のどちらにも性指向が向かないタイプの人のことを差します。

図で書くとこんな感じです。

性指向:男性  弱 ○-------- 強

性指向:女性  弱 ○-------- 強

当然に、恋愛の話にはついていけないので、20代以降にありがちな「結婚」話にどうやったら断れるようになるのか、まだアセクシャルという単語はない時代は苦労しました。

心配してもらえる人には、頃合を見て、家族や、特に親戚筋にはカミングアウトをしております。これも親年代にカミングアウトするものですから、かなり勇気が要りました。でも、避けて通れない道だと思っています。

結果として、その後の答えとして何もいただけなかったり、子を持たないパートナーは実際に存在するからその人にとっては理解があるよとか、いろいろな感想を頂きました。

■性嫌悪があります。

あと、特徴的なのは性嫌悪があります。

いわゆる「行為」を見るのを嫌うわけです。

それがコンビニの成人漫画ゾーンの表紙であっても受け付けないという属性ですので、避けるのが自己防衛になっております。

後輩がいわゆる成人の漫画本を薦めてきたことがありましたが、気持ち悪くなってきてしまって途中で挫折してしまった人なのです。

■心の中は「幼少期の女の子」が宿っています

なんかあるだろうと思って、自分の棚卸しがてら、占い師さんのところに出向いたことがあります。

そこで言われたのは自分は「幼少期の女の子」が宿っていると言われました。

つまり、元来の根っこの部分で「幼少期の女の子」のような話し方そぶりを見せているのに、大人の世界ではもちろん通用しないので、これが邪魔しているのだなって思いました。

そう。

だから、「苦労する」とは薄々言われてきたのだけれども、答えとなるものもわかった。でも、それは社会の根本的な、嫌か嫌じゃないかとかいう好みの話だからこれ以上突っ込めないですし、表立ったことはせずに収入を得ることを考えざるを得ないんだなって思ってます。

こちらのページも参考にして下さい。

アセクシャルと前世の話。
今まで、アセクシャルって言い続けてきて、今でもやっぱりそうなんですが、 占い師さんに何度も言われている「幼少期の女の子が宿っている」っ...

幼少期時代、何が好きだったのかって思い出してみると、「遊園地にいた着ぐるみさん」でした。遊園地に行くのに、遊具なんてほとんど乗らずに、グリーティングのためだけに遊びに行っていたような気がします。

今でも、着ぐるみさんを見ると、顔が赤面して、とにかく頭を撫でたり、ハグを許してもらえたのなら、そっとやってしまいます。

外から見てるだけじゃなくて、中の人がどうしてもやりたくて、いろいろなごく普通の着ぐるみさんでもいいのでやらせてもらえないかと探したのですが、身長制限云々で、残念ながらあまりできていないのが現状です。

それじゃ、面白くないので、ようやくここ10年で自前の着ぐるみさんを出すイベントが全国的に増えてきたようで、そのイベントに乗っかろうかと考えていて、自前の着ぐるみさんを誠意製作中なのですが、なかなか思うように行かずに苦戦しております。

もし、完成した折には、どこかでお披露目となると思いますので、その時は是非構ってあげてくださいね。

Twitter:

ツイフィール:

@あおい(@aoi_river)さんのプロフィールです。


記事がためになりましたら、投げ銭(ご寄付)をお願いします。
ご寄付は、「着ぐるみキャラクター制作費」や「活動費」に使わせて頂きます。
現在、時価換算で1,685円のご寄付を頂いております。
目標額を500,000円としております。よろしくお願いします。

【Line Payのポイントでご寄付頂ける場合】
⇒詳しくはこちら

【モナコインでご寄付頂ける場合】
モナコインアドレス:
MTb1meNetNMucrgfEekXjYWToucFAwgZJD

無料取得のモナコインでご寄付頂ける場合:
⇒詳しくはこちら

モナコインは下記バナー「Zaif」から各種登録後、購入することもできます。
メールアドレスがあれば登録ができます。
また、バナー内にiOS、Androidアプリがありますので、こちらの利用が便利です。
⇒詳しくはこちら


【ご寄付全般について】
⇒詳しくはこちら


 

ズートピアとLGBT

ズートピアとLGBT

■共通項は差別問題 一見すると、LGBTとは関連性がないように見えますが、実は、差別問題を考えるために作られた映画だということがわかります...


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする